”ブラックジャック”のゲームルール解説

世界中でもっとも普及してるのがこの「ブラックジャック」です。
貴方とディーラーとの勝負です。

家庭で行うトランプでもおなじみのゲームですね。
私も子供のころ家族としてました、ゲームの呼び名はイロイロあるようですが基本的には同じです。
もっとも、子供だったからお金は賭けたことは無かったのですが。

カードを交互に配り、
カードの絵札を全て10点、「A(エース)」を1点または11点として数え、手持ちのカードの点数勝負で21点を超えない範囲で数字が多いほうが勝ちになるのが基本のルールです。
21点を超えると負けになります。

「ブラックジャック」という言葉の始まりはフランスの「ヴァンテ・アン」だといわれています。
言葉の意味は”ヴァンテ・アン”がフランス語で「21」という意味で、
19世紀にアメリカへこのゲームが普及したときに「スペードのAと黒(スペードまたはクラブ)のJ(ジャック)」の”21”にはボーナスがつくようになって、
それからこのゲームを「ブラックジャック」と呼ぶようになりました。

1960年代になって数学者が確率論を用いた必勝法を発表して攻略することができるようになってしまいました。
対抗手段としてゲームに使うカードを数組にしたり、シャッフルをいつでもできるようにルールを改正したために必勝法も抗力がなくなってきたのです。

こんな歴史から現在では6組のカードを「シュー」と呼ぶカード専用の箱に入れてゲームをするので、このスタイルを「シューゲーム」といいます。
また、1~2組のカードをディーラーが手でカードを配るスタイルを「ハンドヘルドゲーム」といいます。

【ルール】
ブラックジャック 2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

日本向けだから分かりやすい!『ワイルドジャングルカジノ』

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です