イギリスがEUを離脱か残留か、EUから離れると投票するパーセント を予想して賭けてみよう

16062204
そもそもイギリスは、経済的なメリットのあるEUをどうして自ら抜けようとしているのでしょうか。

ジョンソン前ロンドン市長をはじめとする離脱派の最も端的な主張としては、表向きには「国としての主導権を回復する」と標榜していますが、実際のメッセージとしては「これ以上移民・難民を受け入れられない」ということです。

何年も前から議論されているように、ヨーロッパではほとんどの国において、シリアやイラク、北アフリカからの難民受け入れ問題が生じています。

その中でも特に、難民にとってイギリスは人気国です。それはなぜか?イギリスの社会保障が手厚いからです。具体的に言うと、正式な手続きを踏んで難民として受け入れられれば、福祉手当という金銭が与えられたり、無料で医療施設を利用できたり、確実に住居が与えられます。みんな「イギリスは素晴らしい」と言うわけですね。

戦時国からの難民だけでなく、中国などからの移民も非常に多くなってきており、問題になっています。

とりあえずイギリスに行けばなんとかなる。そうやって移民・難民はイギリスを目指して行くのです。

EU加盟国には難民受け入れを拒否できない、という法律があります。移民についても、特別な理由がない限り拒否できません。

だから、イギリスが移民・難民受け入れを拒否、あるいは制限するには、EUを離脱しなければならないのです。

イギリスがEUを離脱か残留か、EUから離れると投票するパーセント の予想は「ウィルアムヒル.スポーツ(ウィリアムヒル)で賭けることができます、
イギリスがEUを離脱か残留か、EUから離れると投票するパーセント を予想しましょう。
16062201

16062205

さあ国民投票の行方は・・
締め切りは 6月23日8時です。

⇒ ウィリアムヒルの公式サイトへ行く、 ここをクリック!

スポーツベットは”ウィルアム・ヒル”(ウィリアムヒル)で賭けられます。
”ウィリアムヒル・スポーツ”はサッカーはもちろん、世界中のあらゆるスポーツを対象にした、
世界的な「ブックメーカー」です。

.

⇒ ”ウィルアム・ヒル”の詳細な説明は ここをクリック!