*次期 フランス大統領を予想しよう、次期 フランス大統領を予想して賭けてみよう 4月16日

ウィルアムヒル.スポーツ(ウィリアムヒル) 次期 フランス大統領を予想スポーツベッティングが掲載されてます、
次期 フランス大統領を予想しましょう。

左から、フランスの大統領選候補のフランソワ・フィヨン氏、エマニュエル・マクロン氏、ジャン=リュック・メランション氏、マリーヌ・ルペン氏、ブノワ・アモン氏。

 フランス大統領選の最有力候補に浮上、エマニュエル・マクロン氏   

フランス大統領選の第1回投票が4月23日に迫る中、中道右派の共和党候補フランソワ・フィヨン氏や極右政党「国民戦線」党首のマリーヌ・ルペン氏を差し置いて、世論調査で支持率トップを走る候補者がいる。

エマニュエル・マクロン氏は、ほんの数カ月前まではフランスのマイナーな政治家で、有権者にあまり知られていない存在だった。しかし、今や次期大統領選の本命と目されている。39歳のマクロン氏が当選すれば、フランス現代政治史上初めて、既成政党出身以外で初めて、そして最年少の大統領となる。

マクロン氏が有力候補に躍り出たことで、スキャンダルや論争で混沌とした大統領選がさらに予測不可能なものとなっている。マクロン氏は元社会党で、フランソワ・オランド大統領政権下で2年間だけ経済相を務めた。政界に入る前は、ロスチャイルド銀行の幹部だった。これまで大統領選に立候補したことはなく、看板政策や選挙をリードするための業績も特には見当たらない。

しかし経験不足にも関わらず、マクロン氏が新たに設立した政治運動「前進(En Marche![アン マルシェ!])」は急速に支持を集めている。マクロン氏は「政治家が腐敗し、機能していない」という既存の政治を批判する声を取り込む一方、穏健な経済改革に基づく中道派の政策を主張している。意外な組み合わせと思うかもしれない。だが、今はフランスの政治史上、最も奇妙な時代なのだ。

2017年フランス大統領選挙候補者マリーヌ・ルペンの当選でEU解体か?

最も支持率が高く、注目されるのが、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)である。
2012年の大統領選挙の第一回投票でも決選投票には進めなかったものの10位中3位に入っている。

昨年世界で起きた予想を裏切る結果、イギリスのEU離脱、アメリカでのトランプ氏の
大統領当選の原動力となった反移民、反グローバル化、反EUを従来から掲げていて支持率を伸ばしている。

イスラム過激派の市民権を剥奪し出身国に送り返すこと、国境管理も厳しくして過激派予備軍の入国を阻止し、
政権奪ってから6カ月以内にEU離脱の国民投票を行うことを公約としている。

フランスでも、失業率は10%を超えて高止まりし、若者の失業率が極めて高く、
移民の流入増加がはなはだしい。
2015年末のパリでの同時多発テロ事件の傷も癒えない状況である。

ドイツとともに、EUの中心であったフランスにルペン大統領が生まれると、
EUは崩壊の道をたどると予想される。

さあ勝利の行方は・・
締め切りは 4月24日 6時です。

⇒ ”ウィリアム・ヒル”の簡単な説明へ行く

スポーツベットは”ウィルアム・ヒル”(ウィリアムヒル)で賭けられます。
”ウィリアムヒル・スポーツ”はサッカーはもちろん、世界中のあらゆるスポーツを対象にした、
世界的な「ブックメーカー」です。

.

⇒ ”ウィリアムヒル・スポーツ”の詳細な説明へ行く ココをクリック

↓↓ ”ウィリアムヒル・スポーツ”公式ホームページへ行く ↓↓