イギリス総選挙が行われます、選挙結果(保守党の過半数か?、総選挙での最多議席は?次期首相は? )を予想して賭けてみよう 6月9日

ウィルアムヒル.スポーツ(ウィリアムヒル) イギリス総選挙、選挙結果(保守党の過半数か?、総選挙での最多議席は?次期首相は? ) スポーツベッティングが掲載されてます、
選挙結果を予想しましょう。

 【英国】6月8日に総選挙実施 現政権への民意を問う
まるでサッチャー。メイ首相の公約破り「前倒し総選挙」は前途多難   

イギリスのメイ首相は18日、2020年に予定している総選挙を前倒しで行うと表明し、下院の可決を受け6月8日の実施が決定しました。メイ首相は、イギリス政府はEU離脱という国民の意思を実現しようとしているが、議会はバラバラだとして野党等を批判。離脱を成功に導く強力な政権を作るため、選挙を行う必要があると強調しました。

本来なら保守党が圧勝の状況です。労働党コービン氏は全く人気がなく、支持率は13%にとどまっています。一方、メイ首相の支持率は50%を上回っています。保守党と労働党の比率はもう少し拮抗していますが、党首同士の支持率は大きく差が開いているのです。

その他には、スコットランド独立志向を持つスコットランド国民党などがありますが、基本的には、下院の党派別議席数を見ると保守党が過半数を占めており、労働党は今の党首では惨敗する可能性が高いのです。しかし、実はこのままメイ首相が突っ走るのを許してはいけないということで、やむを得ず労働党に票を投じるという現象が起こる可能性も高いのです。メイ首相に勝手に走る手形を与えないという人が相当出てくると考えられるのです。

メイ首相は「今のままいけば、3分の2は取れる」と気楽に考えて6月に選挙となったわけですが、選挙をやることについては賛成の圧勝で、反対は13人しかいなかったのです。ただ、基本的にはこうしたことをやってもあまり意味がありません。メイ首相は「議会が言うことを聞かず、私の足を引っ張っている」としていて、彼女の頭の中にあるセルフイメージとしては、鉄の宰相サッチャーなのです。
それによって今は喋り方もだんだんとサッチャーに似てきています。
相手を決めつけるような話し方も、ほとんどサッチャーになってきています。

さあ選挙の行方は・・
締め切りは 6月9日 6時です。

⇒ ”ウィリアム・ヒル”の簡単な説明へ行く

スポーツベットは”ウィルアム・ヒル”(ウィリアムヒル)で賭けられます。
”ウィリアムヒル・スポーツ”はサッカーはもちろん、世界中のあらゆるスポーツを対象にした、
世界的な「ブックメーカー」です。

.

⇒ ”ウィリアムヒル・スポーツ”の詳細な説明へ行く ココをクリック

↓↓ ”ウィリアムヒル・スポーツ”公式ホームページへ行く ↓↓