オンラインカジノの歴史について

初めてのオンラインカジノは1996年に出現
オンラインカジノの本当の始まりは、1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアが初めてオンラインカジノ運営者へ正式なライセンスを発行する法律を可決したところにさかのぼることができます。アンティグア・バーブーダは、今でも多くのオンラインカジノ運営者がライセンスを取得している人気国です。

1994年に今は大手のオンラインカジノのソフトウェア開発会社であるマイクロゲーミング社が設立されます。1996年からマイクロゲーミング社、クリプトロジック、ボスメディアなど、今でもメジャーなソフトウェア開発会社が初めてオンラインカジノを展開していきます。

すでに1998年から今ではオンラインカジノで欠かせないプログレッシブジャックポットゲームが誕生したり、1999年には他のプレイヤーと一緒にプレイできるマルチプレイヤーテーブルなどが出現します。

当初は数十個しかなかったオンラインカジノサイトは、今では数千個のオンラインカジノ、ポーカー、ビンゴ、スポーツブックなどのジャンルに分かれたサイトや数百社のソフトウェア開発会社が存在する大規模な市場として発展しています。
ライセンスを発行している国も、今では20カ国以上存在しています。

上場企業やスポーツチームのスポンサーシップ
ゲームの充実と共に、プレイヤー保護やイカサマの運営者を排除するための規制体制の向上や監査基準の構築など、長い年月を経て安全に安心してプレイできる環境が整っていきます。
今ではヨーロッパ各国、オーストラリア、カナダなどで日常的に遊ばれているエンターテインメントのひとつとなっているのです。

こんな大きな業界に関して日本ではあまり聞く機会がないことが不思議ですが、実は今になってはロンドン株式市場やNASDAQで数多くのオンラインカジノやオンラインギャンブル会社が上場しています。いくつか上場している企業の例を記載します

•32Red PLC(32レッドカジノ運営会社)
•Bwin.Party Digital Entertanment Plc(パーティーカジノ運営会社)
•888 Holdings PLC (888カジノ運営会社)
•Playtech(大手カジノゲームメーカー)
•Betfair(Befair総合ゲーミングサイト運営会社)
※実はソフトバンクが、Betfairの23%を所有しています。
さらに、オンラインカジノの運営会社は、スポーツチームのスポンサーシップを積極的に行っています。サッカーが好きな人は実は知らない間にオンラインカジノ会社のロゴを目にしていると思います
例:

•マンチェスターユナイテッド:Betfair
•レアルマドリード:Bwin.Party Digital Entertanment Plc
•トッテナム・ホットスパー:Mansion Limited
•アストン・ヴィラ:32 Red PLC (2006-2008)
•セビーヤFC:888 Holdings PLC (2006-2008)
•フラムFC、エドモントン・オイラーズ(NHL)、LAギャラクシーズ(MLS):Bodog
こんなにもメジャーだったなんて、知らなかった!という人も多いと思います。

実は日本でもかなりの人数がオンラインカジノをプレイしているということが知られていて、新聞や雑誌で報じられていることも少なくありません。日本からもいつか上場を目指すソフトウェア開発会社など出てくる日が見れるのでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です