カジノ マネーマジック

年間約4,000万人の観光客が訪れるラスベガスには、現在30軒を超える大型リゾートホテルが存在していて、全てのホテルが 1階にカジノを配置しています。

そのため、どのエントランスからホテルへ入ろうと必ず最初にカジノを通るようになっていて、チェックインロビーや自分の部屋、レストランやショーに行くのでさえカジノを通るように設計されているのです。

ご存知でしたか?

こうして、宿泊客や観光客を自然とカジノへ足を運ばせるよう、緻密に計算された仕掛けが色んな形で施されているのです。

つまり、常にゲストにカジノの賑わいを感じさせることでギャンブル欲を掻き立てている訳ですね。こういった仕掛けを「マネーマジック」といいます。では、実際どのようなマネーマジックがあるのか、いくつか面白い例をご紹介しましょう。

マネーマジック: レストラン
通常は見晴らしのいい最上階に配置されるレストランも基本的にはカジノフロアに集中していて、例えばレストランが満席なら、その待ち時間にカジノに誘われるように計算されています。また、ロビーにソファや椅子がないのも、同様に待ち合わせはカジノでということになります。

マネーマジック: 客室サービス
客室についても、部屋でゆっくり時間を過ごさせない為の工夫がされています。

例えば、どんなに景色が美しい部屋でも基本的にはバルコニーがなく、また室内にはミニバーやコーヒーメーカーも置かれていません。なぜなら、それらは全てカジノ内にあって、ドリンクやアルコールも全て無料となっているからです。

また、読むのに時間のかかる新聞のサービスも、自分から注文しない限り届くことはありません。

マネーマジック: スロットの配置
スロットマシンの配置は、日本のパチスロのようにきれいに横一列に並べられてはなく、向きがバラバラに置かれています。これは、どこからでもスロットの画面が見えるようになっていて、そのマシンへと誘導する仕掛けになっているのです。

また、ほとんどのカジノでは、トイレの出入口のすぐそばにスロットマシンを配置しています。 これも友人や連れのトイレを待つちょっとした時間にもスロットを利用してもらおうとする狙いです。

実は、スロットマシンの電子音も人を惹きつける心地よい音程に計算されています。

マネーマジック: 時計

最後に、ラスベガスのホテルには客室以外に一切時計が置かれていないのを知っていましたか?

これは、表向きは 「お客様に時間を気にせずに心から滞在を楽しんでもらいたい。」 というホテル側の配慮ですが、本当は 「時間を忘れさせて、長時間カジノに費やしてもらいたい。」 というマネーマジックの一つなのです。

事実、ラスベガスへの来訪者で当初の目的が 「ギャンブル」 という人は全体の10%以下ですが、結果的にカジノをやったという人は80%以上にも昇ります。

つまり、無意識にカジノへと向かわせるカジノ側の仕掛けが見事にハマっているという訳です。

⇒ ”ベラジョンカジノ”の詳細な説明へ行く ココをクリック

↓↓ ”ベラジョンカジノ”公式ホームページへ行く ↓↓

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です