オンラインカジノ解説”ブックメーカー”

最新記事

ホテル フラミンゴ.ラスベガス

 

“Flamingo” は、ラスベガスで一番最初に誕生した 最も歴史の
古いリゾート型カジノです。

1946年にベンジャミン・シーゲルというマフィアによって、600万
ドルもの莫大な資金で建設された第1号のカジノホテルです。

このフラミンゴという名前は、彼の恋人のニックネームです。
因みに、この話は「バグジー」という映画にもなっています。

ベンジャミンの死後、フラミンゴは度重なる買収を繰り返し、
現在はシーザーズエンターテインメント社によって運営されて
います。

ロケーションは、シーザースパレス、ベラージオ、バリーズで
囲まれる「フォーコーナーズ」 に位置し、ラスベガスストリップの
中心地を色鮮やかに飾っています。

1990年代、人気テーマ型ホテルのラッシュにより、フラミンゴの
利用客は徐々に減っていきましたが、真のラスベガスファンの
間では未だに根強い人気を誇っています。

フラミンゴ内のカジノを通り抜けて中庭に踏み出せば、そこは
まるで別世界のような水鳥の楽園が広がっています。
たくさんのフラミンゴのほかに、キジや白鳥、アヒル、カメ、
錦鯉などが放し飼いにされています。

ホテルの施設は、やはり老舗カジノだけに老朽化は否めません
が、それでも時折カーペットや備品のリニューアルを施すなど
室内は清潔に保たれています。

そして、フラミンゴの自慢といえば、やはりプールでしょう。
広大な敷地に豊富なヤシの木、滝や滑り台など、規模も内容
も充実していて、ラスベガスでも屈指のリゾートプールです。

バフェもまずまずの評判です。
といっても、「味」ではなくレストランの雰囲気そのものです。
多くのホテルがカジノフロアの奥に設置しているのに対して、
ここは中庭に面して陽当たりがよく、色鮮やかなインテリアで
装飾されています。
そして、全面ガラス張りのフロアからは、中庭のフラミンゴや
動物が望める楽しい雰囲気になっています。

最後に、プール施設内にあるウェディングチャペルも紹介して
おきましょう。
ラスベガスのホテルチャペルといえば、たいてい屋内に設置
してありますが、このチャペルは開放的でリゾートウェディング
の気分が味わえること間違いないでしょう。

⇒ ”ワイルドジャングルカジノ”の詳細な説明へ行く ココをクリック

↓↓ ”ワイルドジャングルカジノ”公式ホームページへ行く


ホテル ウィン.ラスベガス

 ラスベガスファンにとって “Wynn Las Vegas” は、最後にとって
おきたい究極のホテルです。

「ラスベガスのカジノ王」 として知られるスティーブ・ウィンが、
2005年にオープンしたラスベガス最高級のカジノホテルです。

スティーブ・ウィンといえば、ベラージオやミラージュ、トレジャー
アイランドなどのテーマ型ホテルを最初にラスベガスに誕生させ
たことで有名ですが、それらのホテルをすべて売却して巨額の
資金を投じて造ったのがウィン・ラスベガスです。

落ち着きを感じさせるスタイリッシュでシックな外観は、ホテルの
コンセプトでもある「大人のためのホテル」を感じさせます。
(ホテルのロゴは、彼の直筆サインをそのまま拡大したものです。)

心地よいアロマとBGMで迎えるエントランスをくぐると、一面レッド
カーペットのいかにも高級感のあるカジノが広がっています。
カジノは、一般客でも楽しめるように$15のテーブルもあります。

これまでのスティーブ・ウィンのホテルは、通りから見える派手な
無料ショーが定番でしたが、ウィンではホテル内でやっています。

また、都会的なプールは大人の空間で、「カバナ」と呼ばれる
日よけの個室はプールサイドをゴージャスに飾っています。

そして、ウィンの一押しはバッフェでしょう。
料理のクオリティはいうまでもなく、まるで王宮の庭園で食事を
しているかのような、明るくすがすがしいレストランの雰囲気は、
さらに食事を楽しくさせてくれます。

ウィンのナイトショーは、水上アクロバット「Le Reve」が有名です。
ベラージオの「O」にも似ていますが、独創的で英語力も不要です。

また、カジノに隣接したショッピング街には、日本でもお馴染みの
高級ブティックが立ち並んでいます。

そして、何といっても一番の目玉は、ラスベガスでも唯一となる
ホテル敷地内にある18番のプライベート・ゴルフコースです。
宿泊者以外も利用可能ですが、料金は均一$500~600と少し
高めです。 ラスベガスにはすべてが揃っている訳ですね。

h4>⇒ ”インターカジノ”の詳細な説明へ行く

↓↓ ”インターカジノ”公式ホームページへ行く ↓↓


ホテル べラージオ

誰もが憧れるラスベガスの超最高級ホテルが 「Bellagio」 です。

あの“噴水ショー”でも知られ、1990年代の終わりから今日まで
ラスベガスの最高峰に君臨しているホテルです。

映画「オーシャンズ11」の舞台として登場するのもこのホテルです。

ベラージオのテーマは、北イタリアにある世界一美しいといわれる
湖とそのリゾートです。 〝BELLAGIO″はイタリア語で「美しい湖」
を意味し、実在する村の名前に由来しています。

ホテルのシンボルは、コモ湖をイメージした5万㎡もの広大な湖で、
そこで行われる噴水ショーは圧巻です。
無料で楽しめるこのショーは、ラスベガスの名物となっています。

噴水ショーは、正午から深夜0時まで30分ごと(19時以降15分毎)
に様々な演出で行われます。 特に、日が暮れる直前の夕方が
最も美しくお勧めです。

そして、ベラージオで公演されているナイトショー 「”O”(オー)」
は、ラスベガスで一番人気を誇るシルクドソレイユのショーです。
幻想的な音楽とステージ一面の水上アクロバットは感動です。

内装と客室は、豪華ホテルそのもので、ロビーは驚くほど広く
優雅で贅沢な空間になっています。 部屋の広さも快適で、
特にバスルームは代理石調で高級感たっぷりです。

そして、部屋一面の大きな窓から眼下に望める噴水ショーは、
向かいのパリスのエッフェル塔との協演が最高に美しいです。

さらに、ラスベガスでのウェディングで最も人気が高いのがこの
ベラージオです。 二人だけのために上演される噴水ショーを
リクエストでき、特等席のバルコニーから観る気分は格別です。

ロケーションもストリップ中心の4コーナーに位置し、ショッピング
や移動にとても便利です。 モンテカルロまでの無料モノレールも
あり、アリアや高級モール「クリスタルズ」への移動も便利です。

ホテルに隣接する「VIA BELLAGIO」は、有名ブランドが並ぶ
高級ブティック街で、深夜まで買い物を楽しめるラスベガスの
ロデオドライブといった感じです。

レストランは、いずれも高級志向で、フレンチや南仏の地中海
料理など最高の料理が味わえます。 もちろん、バフェも人気が
高く、夕食時には行列ができること必至です。

プールは、トスカーナをイメージして造られ、広くて落ち着いた
プールサイドは、 イタリアから運んだ樹木で囲まれています。

ベラージオは、ただゴージャスというだけでなく機能性に優れた
とても使いやすいホテルです。

⇒ ”ジャックポットシティー”の詳細な説明へ行く ココをクリック

↓↓ ”ジャックポットシティー”公式ホームページへ行く ↓↓


ホテル ベネチアン.リゾート

 ウィン、ベラージオと並ぶラスベガス最高級ホテルのひとつで
最もファンが多いのが「Venetian」です。

「アドリア海の女王」 と謳われた “ベネチア” をテーマとした、
豪華絢爛で 壮大なスケールのこのホテルは、現在7,000室を
超える世界最大のホテルです。

ホテル内には、ベニスの大鐘楼、リアルト橋、サンマルコ広場
が忠実に再現されていて、ドカーレ宮殿を模したロビーは正に
目を奪われるような黄金の回廊になっています。

さらに、併設されたショッピングセンターには「水路」が施され、
そこを「ゴンドラ」が流れていく様子は、本場ベニスさながらで
ベネチアンの人気アトラクションとなっています。

ロケーションは、中心から少し北に離れますが、フォーラム
ショップスやファッションショーモールなどへのアクセスがよく
ショッピングには事欠かない便利な場所です。

客室は、すべてスイートルームで、ゆったりと贅沢に造られて
います。 ただ、“スイート”といってもリビングとベッドルームが
完全にセパレートではなく、段差と柵で仕切られたジュニアス
イートといったところでしょうか。

バスルームは、バスタブとシャワールームが独立していて使い
やすく、ツインの洗面台は2人同時に使えるようになっています。

プールは、特出する点はありませんが、4階にあるプールへは
部屋からのアクセスがよく、水着のままでも他人の目を気にする
ことなく行けます。 また、プールと直結した“SPA”もお勧めです。

その他 アトラクションとしては、ハリウッドスターや有名アスリート
などのそっくり人形が展示された 「マダムタッソーろう人形館」 は
お勧めです。 最後のお化け屋敷は演出がよくて面白いです。

そして、ナイトショーでは、日本でもお馴染みの 「ブルーマン」 や
ミュージ カル「オペラ座の怪人」 が連日公演されています。

レストランは、ホテルが広いだけにかなり充実しています。
料理も雰囲気も満喫できるのはここベネチアンならではです。
サンマルコ広場の本格ジェラートもぜひ食べてほしい逸品です。
ただ、バフェがないのが残念ですね。

ベネチアンは、宿泊する・しないに関わらず、ラスベガスを訪れたら
必ず一度は足を運んでいただきたい観光名所です。

⇒ ”スマートオプション”の詳細な説明へ行く ココをクリック

↓↓ ”スマートオプション”公式ホームページへ行く ↓↓


ホテル シーザース.パレス

約半世紀の歴史をもつラスベガスの老舗 高級ホテルといえば
この「Caesars Palace」です。

「古代ローマ帝国」をテーマにしたこのホテルは、正面ゲートに
“カエサル像”、脇には“コロッセオ”が構える貫録のホテルです。

大通りからエントランスへと伸びる噴水と贅沢な庭園の向こうに
そびえる白亜の荘厳な王宮は、まさにローマ帝国の威厳と風格
を感じさせられます。

4コーナーの一角を占めるシーザース・パレスは、長年に渡って
名実ともにラスベガス No.1 のホテルでした。 デビッド・カッパー
フィールドのイリュージョンやボクシングのヘビー級タイトルマッチ
など、数々のビッグイベントが開催されてきました。 

シーザース・パレスは、ハイローラー向けの高級ホテルのため、
アトラクションなどは一切ありません。 しかし、ラスベガス随一の
広さを誇るショッピングモール「フォーラムショップス」を併設していて、買い物や外食はかなり充実しています。
また、カジノでは、プッシー・キャット・ドールというセクシーなコスチュームのディーラーがお相手してくれるのも売りの一つです。

このモールからカジノにつながる通路には、とてつもなく巨大な
アテネ像が立っていて、壁にはたくさんの彫刻像が装飾されて
います。 ここには、ラスベガスの寛容さと抜かりなきこだわりが
詰まっていて感動すら覚えます。
そして、奥の噴水広場で行われる光のショーも必見です。

因みに、東京お台場のショッピングモール「ヴィーナスフォート」
は、このフォーラムショップスを模倣して造られたそうです。

プールは、ラスベガスでもトップクラスの豪華さを誇っています。
巨大な彫刻やモニュメントは、まさに王宮庭園といった感じです。
また、トップレスOKのプライベートプールがあるのもここだけです。

レストランは、数々の人気店があります。

バフェは、ラスベガスにしては少々小さめですが、ゴージャスな
中庭とプールに面していて、景色を楽しみながら食事ができます。

その他、セリーヌディオンやアンドレアガシが出資する高級ナイト
クラブ 「PURE」 は、ラスベガスNO.1 の人気スポットです。

シーザース・パレスにくれば、ローマ時代にタイムスリップした
気分を味わえるかもしれませんね。
そして、運がよければクレオパトラに遭遇できるかもしれません。

⇒ ”32レッドカジノ”の詳細な説明へ行く ココをクリック

↓↓ ”32レッドカジノ”公式ホームページへ行く


ブックメーカー
最近の投稿
スポーツベット
ウィリアムヒル・スポーツ
アーカイブ
メタ情報